スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

咲-Saki- Portable(通常版) |アルケミスト

咲-Saki- Portable(通常版)咲-Saki- Portable(通常版)
アルケミスト
Sony PSP Video Game
発売日 2010-03-25




注)これは咲の世界での麻雀です 2010-05-14
咲の世界観を再現しているという意味では良く出来ています

咲が好きな人はそういった意味では大変満足する出来かと・・・

現にここでは高評価ですし

ですがある意味ひどいマゾゲーです

確実にストレスが溜まる対局が一度は皆さんあるはず

それもこれもあまりにもチートっぷりな能力(というか仕様)

咲はテンパイしてカンすれば嶺上開花ツモほぼ確定(実質100%)

衣は敵にまわすとありえないくらいツモ上がりしてきます(体感で7割強)

他のキャラも能力関係なしに一発ツモ、跳満、倍満なんか普通に上がってきます

麻雀経験者程この仕様にイラッとくるはず

しかしこれは咲だからと言っちゃえばそれまでなんですが・・・

ストーリーモード/とにかく口パクが我慢出来るか
まるでいっこく堂のよう・・・あれ?これ腹話術ですか?

チャレンジモード/鬼仕様
早あがり前提の運のみが作用する作業ゲーです(でもコスチュームやCG集めがあるので無視出来ない)

フリー対局モード/能力なしにすればそこそこ普通の麻雀が楽しめる

結局咲が大好きな人にしか楽しめないと思うので注意です
麻雀初心者はリアル麻雀とはかけ離れていると思って下さい

団体戦で他校の気持ちをシミュレートする 2010-05-07
次回作で役の読み上げを声優さんがやってくれたら★5にします。

フリー対局で団体戦を選ぶと、4校対抗の団体戦ができます。

原作と違うのは半荘1回×5で勝負が決まるところ(前半・後半がない:大将戦で池田ァがシクったら、キャプテンが抱きしめに来ることなく決着します)と、自分の選んだ高校の選手の戦う順番だけは入れ替えられるというところです。

私は風越を優勝させてみたかったのでキャプテンを大将に、池田ァを副将に温存して、先鋒/文堂さん、次鋒/みはるん、中堅/ドムで臨みました。

清澄が強いのは当然として、龍門渕のメンバーに何度も泣かされましたがなんとか全国へコマを進めることができました。

じゃ今度は鶴賀に肩入れしよう・・・といろいろ遊べます。


やりこみ過ぎて飽き気味のベテランの方には、アニメの初期で部長が導入した東風戦、赤入り能力あり飛びありアガリ連荘モードをオススメします。

面子はかつ丼さんと部長と咲。タコスやとーか、アニキ(井上順)でもいいでしょう。自分はかじゅとかの能力なしキャラで戦う。面子の誰かがだいたい飛びそうになるのでそれをコントロールしながら打たないと、2着は取れてもトップに立てません。


さらに詳しいPSP情報はコチラ≫
スポンサーサイト
  08/05 PSP TB(0) | CM(2)

GOD EATER(ゴッドイーター) |ナムコ

GOD EATER(ゴッドイーター)GOD EATER(ゴッドイーター)
ナムコ
Sony PSP Video Game
発売日 2010-02-04




理不尽の塊 2010-05-24
理不尽さは皆さんが書いているので省きます
ハイスピードを売りにしていながら攻撃に関して先行入力で繋がるくせにガードや補食&インパルスエッジやチャージクラッシュが自キャラが僅かでも動いていると発生しない(?しないことがある)
防御力も装甲と呼ばれるシールドだけで服装はファッション性だけのまさにただの服でしかないし
せめて乱戦になった分断させる事が出来れば評価も変わったと思います
まぁアニメキャラ物ガンプラ物メーカーが絡んでいれば理不尽さに気付かなくて当然なのかも

この手の物にしてはストーリーが有るなど良い点も多々有りますが悪い印象は強烈に残り後々尾を引くと言う良い見本かもしれません

金策に苦労させられる 2010-05-24
安くなってましたのでプレイしてみました。
基本的に、途中まで金策に苦労させられるゲームです。
正直、自分はストーリークリアまではさして苦労しませんでしたが、そのあたりに(金策が楽になるようになるまで)辿りつくまでで挫折する可能性があります。

システム。
ハイスピードアクションというのは偽りではなく、ダッシュで斬りこみ即座に離脱orキャンセルガードで、出来る限り隙なく組み立てていく、というタイプのものです。
基本的に、攻撃の銃、守りの剣といった印象で(主に使用するのは剣ですが)、剣で相手の動きを見極めながらゲージを溜め、銃で狙い澄まして一撃を喰らわせる、というようなもの。特に後半、強力なバレットを作成できるようになると、この傾向は強まります。
正直MHほど起き上がり死はあまりありません。回避が早いというのもありますが、仲間が攻撃を逸らしてくれるのと、回復アイテムを使う時は、狙われないようなアイテムや、敵を気絶させるアイテムがあるので、そう苦労もありません。
ただ、何せアイテムをガンガン使って消費しまくるゲームなので(特に強力な敵と戦った後はもうすっからかん)、とにかくお金がドンドン減ります。とはいえ、ミッションキャンセル機能(拾ったものは持ち帰り可能)を使用すれば、実はこの辺もなんとかなったりします。が、説明がまるでないので、自分も途中までまったく気づきませんでしたが……。

OPムービーがとにかくカッコイイ。
設定は面白かったけど、ストーリーはさして捻りがなくて残念。
Mr.空気ことエリックさんとか、出す意味があったのか果たして謎。
まあジャンル的には仕方がなかったのかもしれないけれど、「まあこんなもんか」レベル止まりであることは否めない。
とはいえ結構楽しめました。豪華声優陣も素晴らしい。

難易度。はっきり言って高め。
とにかく敵の動きを見切れるようになり、MAPで複数の敵の動きを把握できるようにならないと、複数ボスは鬱陶しい。
いかにして防御をうまく使うか、がポイント。MHとの一番の違いは、回避だけではまず生き残れないということ。
特にクリア後以降のミッションは、もう難しいってレベルじゃありません。必死です。
死んでも生き返らせてくれるというリンクエイドがありますが、これに頼り過ぎないようになると、大分難易度は下がります。NPCの回復剤には限度があるので、あまり頼り過ぎるとガンガン死ぬようになり、一気に苦しくなってしまったりします。
ただNPCが意外にも、かなり強くて頼りになるので、どうしても難しいっていう時は頼りまくってみるのもありかと。
その場合は、主人公があからさまに空気になりますが。


さらに詳しいPSP情報はコチラ≫
  08/03 PSP TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。