スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

薄桜鬼 遊戯録(通常版) |アイディアファクトリー

薄桜鬼 遊戯録(通常版)薄桜鬼 遊戯録(通常版)
アイディアファクトリー
Sony PSP Video Game
発売日 2010-05-13




良かった!! 2010-05-29
皆さん結構悪い評価を付けていることに驚きました。私的にはとっても良かったと思います。
妹と一緒にはまった薄桜鬼ですが、今回もそれなりに千鶴と相手のエピソードが楽しめて良かった!と二人で話題になりました。
確かにちょっとミニゲームは簡単すぎたり、話が短いなあ↓orzとも思いましたが、そこもカバーできるほどのニヤニヤ感は頂けたのでは?と思います。
やる方はやはり随想録までクリアされた方が良いとは思います。そこまで見ると、ミニゲームのやり取りとかも楽しみながらプレイできるのではないでしょうか。
ヨネさんの絵が好きな方やゲームのやり込み感が欲しい方には物足りないのだろうと思いますが、あくまで「薄桜鬼」好きな方なら楽しめると思います。
特にチビキャラ世界では、本編では無理な事も起きてしまったりして、そこが今回の「遊戯録」の良さでもあると思います。
私的には沖田ルートのあの方がとても素晴らしい動きを見せてくれたので☆5つでつけさせて頂きます。

着眼点は良かった、けど… 2010-05-29
お値段のわりにボリュームが少なすぎて拍子抜けでした。
スチルも綺麗だけど少なめですし、クリアしても特にご褒美が無いのも残念です。

でもミニゲームの内容は着眼点が個人的にけっこうツボなものもあり、中でも
「風間が吐いた暴言の数々に耐える齋藤を応援しよう」とか
「齋藤のために、原田の腹踊りを伝授しよう」など
齋藤さんがらみのミニゲームは特に爆笑しながら楽しめました。
キャラ同士の掛け合いも多少あるので、わざと失敗してみるのも楽しいです。

本編のシリアスな雰囲気の中では絶対に言わないようなセリフが随所にあり、
ちびキャラも可愛いのでほっと和めます。
ちょっとした空き時間にはいいかも知れませんが、がっつりゲームやりたい方には不向きかと思います。


さらに詳しいPSP情報はコチラ≫
  06/09 PSP TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。