スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

乙女的革命★ラブレボ!! ポータブル |アイディアファクトリー

乙女的革命★ラブレボ!! ポータブル乙女的革命★ラブレボ!! ポータブル
アイディアファクトリー
Sony PSP Video Game
発売日 2010-05-20




良作の人気作移植にあぐらをかいたのか…? 2010-05-25
今まで発売された全作品をプレイした上でのPSP移植版プレイ。正直何度も移植される位ですから、作品自体は良作な部類に入るのは間違いないと思います。しかし皆様がおっしゃる通り、システム面でのマイナス評価は言われて当然と思います。人気作品だからどんな形の移植でも出せば売れる…位に考えていたのかなと思えて、制作側に愛が感じられない。もとい…愛が薄れたのかな、と。

ストーリーは文句なく面白いです。当時からかなりチャレンジ精神を感じましたし、斬新な設定や個性溢れるキャラや豪華声優陣にハマったものです。

しかし、その全てをチャラにしかねないシステム面での悪循環。ストーリーに入り込めない程のローディングの長さ多さ。その他にも画面の白さは酷いなんてものじゃ有りません。なんだか全体的に白っぽくて(薄い?)よく見えないのには呆れました。
もっと改善の余地はあったでしょうに…。

一言で語るなら『残念』でしょうか。


PSP移植で評価出来る面は、携帯出来る、新規追加部分がある、フルボイス。

悪い面は、システムの悪循環、画面の見難さ、新旧ボイスのバランスの悪さ。

とは言え…初プレイの方は単純に楽しめる作品だと、そこはお勧めします。
逆に気短な方は積みゲーに成り兼ねないので、お勧めしません。

ローディングなげえええええ 2010-05-25
今回初めてPSPでラブレボをプレイしたものです。
以前から大変面白そうなゲームとして期待しており、待望のPSP移植ということで予約し購入しました。
まだ一人しか攻略していませんし、PC版、PS2版、DS版は未プレイですが
個人的評価を↓

良い点
・喜多修平さんのOPがアップテンポでかっこよく、かなりハマります!
前のPS2版のOPも大好きですが、こちらも素晴らしい!
ラブレボといえばOPの良さ、というイメージがつきました。
最初に必ず聞いてしまいます。

・キャラと声優とシナリオがよい
ここは言うまでもないです。まだ一人しか攻略してませんが面白かった!
萌え転がりました!PSP投げました!
フルボイス最高!

・主人公のキャラがよい
憎めない。かわいい。攻略キャラとセットで愛でたくなります。
健気にダイエットを頑張る姿にも感動する(自分が操作しているんですけど)

・脇キャラの女の子がかわいくて、良い子達です
女の子のキャラもみんな好感が持てます。

・由良さんの絵が素敵
好みが分かれると思いますが、私は大好きになりました。
立ち絵もスチルも素敵です・・・!


微妙な点
・システム面の不備
セーブデータが20しか取れないし、メモも出来ないのでわかりにくい。
クイックセーブ・ロードがない。
スケジュールをこなす画面でスキップがない!ここが特に残念!
ローディングが無駄に長い。

パラ上げゲー(作業ゲー)なのでシステムの面が不便だとかなり厳しい。
しかし内容が面白いのでカバーできています。
クイックセーブ・ロードとスキップ機能があれば絶対に☆5つです。

その苦痛度合いを、例を挙げて言いますと
昔のPS2時代のゲームのローディングに比べると短いものです。
しかし頻繁にローディング画面が出ます。。。
作業的にはローディングの長さを考えてもク○ン○ゼのゲームに比べれば断然軽いものです。
ですので、萌えさえあれば多少のイラは相殺できる人は是非購入してみて下さい^^

長文失礼しました。


さらに詳しいPSP情報はコチラ≫
  08/01 PSP TB(0) | CM(0)

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 |アトラス

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
アトラス
Sony PSP Video Game
発売日 2010-04-22




坪井智浩さんも出てないし。 2010-05-31
東京魔人学園も九龍妖魔学園紀もプレイしました。
あのわくわくがPSPで味わえる!と思い、購入しました。


ダンジョンが単調で、
途中幾度も寝てしまいましたよ~。

グラフィックも格段きれいになったと思うのですが、
基本同じような色なので、区別がつきません。

同じような背景の所ばかりで、行ったり来たりを繰り返し
フラストレーションたまりまくり。

キャラが喋ってくれれば眠気も防げるというものですが、
ご存知のように、
このシリーズの登場人物は、ほぼ、喋りません。

前回よりも多少口数が多くなったような気がしますが、
眠気を打ち消すには程遠く。
今回は珍しく、
有名な声優さんが大勢出演しているのに、
なんと勿体ない使い方。

バトルの仕方は面白かったです。
やり方によっては前作より楽々敵さんを倒せますし。
キャラの好感度なども視覚化によってより分かりやすくなってます。

が…。うーん。

前作・前々作と比べるなと言うほうが無理なゲームです。
だって、ほぼ同じ進め方・キャラ立て・ストーリーなんだもの。

前作の九龍未プレイな方にはいいのではないか、な。
九龍よりアクが抜けているし。

九龍とキーワードが違う[ ]を
埋めるだけの問題を解いているようなゲームでした。
これだったらre:chargeを
もう一度PSPへリチャージしてくれればよかったのに。
(あー、言っちゃった。)




安心してお勧めできる! 2010-05-25
九龍プレイ済みです。

九龍との比較から書くと、

<共通点>
・LVアップ時のステータスを通知表で上げてく
・ゲームの流れ(午前→昼→午後→放課後自由探索→ダンジョン→ボス)
・クエスト
・アイテム調合
・3Dダンジョン

<よくなった点>
・画面回りが全体的にグレードアップ。敵も3D化し、非常に見やすくなった
・ダンジョンの謎解きが簡単になった
・ダンジョン内が明るくなった

<悪くなった点>
・アイテムの合成はあるけど武器の合成がない
・武器カテゴリに銃とオーパーツがなくなった(飛び道具はある)
・ボス戦後の自由行動がなくなった
・バディなどにアイテムを上げることができなった
・ボリュームが少ない


ということで悪い点がやや目立つんですが、それでも十分面白いです。個人的には九龍は画面が暗くてみずらい印象が強かったので、画面が見やすくなったのはポイント高いです。

一番残念なのはボリュームが少ないこと。といっても50時間くらいは余裕で遊べますが。
クエストについては各依頼人の最終依頼以外、全部第2話でクリアでき、その時点でものすごい額の報酬がもらえるおかげで資金にはまったく困りません。
といっても今回は銃弾を買う必要がないのでお金はそんなに使わないのですが。

また、今回あらたなシステムとして、集めた花札を武器や防具と合成させることで性能が大幅にアップしたものを使えるようになったり、花札を地面に設置して罠として発動させることができます。罠は実際のところ効果は微妙なのですが。

<購入をお勧めする人>
・前作九龍を楽しめた人
・ジュブナイル好きな人
・サモンナイトやFFTのようなバトル形式が好きな人
・こつこつ型のRPGが好きな人


さらに詳しいPSP情報はコチラ≫
  07/28 PSP TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。